まつプリ まつさか子育てアプリ

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が三重県松阪市で提供を開始!~「松阪版ネウボラ」を推進し、子どもと家庭を地域で支え、育むまち 松阪へ~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が三重県松阪市にて本導入され、『まつプリ まつさか子育てアプリ』として9月3日(月)より提供を開始します。  三重県中部に位置する松阪市は、国指定史跡「松坂城跡」、特産品として世界ブランドの「松阪牛」や天然藍の先染め糸を使用した伝統的な織物「松阪もめん」などが有名な、由緒ある歴史と豊かな文化が根付く城下町です。  近年、社会や経済状況の変化に伴い生涯未婚率や晩婚化・晩産化が進行し、結婚、出産、子育てをめぐる状況が大きく変化するなか、松阪市では「子育て一番宣言!」を掲げ、子育てにやさしい地域づくりを進めております。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、110以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆子育て世代のニーズに寄り添った、やさしいまちづくりを進める三重県松阪市で『母子モ』の提供を開始!  松阪市では、平成27年度から妊娠・出産・子育て期の途切れない支援を実施する「松阪版ネウボラ」を推進し、平成29年4月には妊娠や子育てに関する総合的相談支援を行う子育て世代包括支援センター「松阪市健康センターはるる」を開館し、子育てに関する教室を開催するなど、多くの人に親しまれています。また、育児の疲れや用事などの際に子どもを預けることのできる一時預かり事業や、乳幼児や小学校に就学している児童が病気の回復期に至らない場合、または病気の回復期にあたって集団保育を受けることが困難な場合に預けることのできる病児・病後児保育事業の実施、平成31年4月からは公立幼稚園全園で3歳児保育と完全給食をスタートするなど、子育て世代の多様なニーズに寄り添ったきめ細かい支援を行っています。  市内13カ所の子育て支援センターでは、子育てに関する悩みや不安などについて電話・面接相談や、子育て講演会・講座の実施、手作りおもちゃなど豊富な玩具が揃っているなかで、親子や友達同士で遊ぶことができ、子育てが楽しいと思える支援を実施するなど、安心して子どもを育てることのできる環境づくりを進めています。  今回、子育て世代の妊娠・出産・育児のサポートを目的に、日常的に使用する身近なスマートフォンを利用して、予防接種のスケジュール管理や子育てに関する市の情報配信、健康センターはるるでのイベント紹介など、ICTを活用した新たな子育て支援を実施できる、当社の母子手帳アプリが採用されました。 ◆地域密着型の母子手帳アプリで子育て世代をしっかりサポート!  松阪市に採用された『まつプリ まつさか子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <『まつプリ まつさか子育てアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が三重県松阪市にて本導入され、『まつプリ まつさか子育てアプリ』として9月3日(月)より提供を開始します。
 三重県中部に位置する松阪市は、国指定史跡「松坂城跡」、特産品として世界ブランドの「松阪牛」や天然藍の先染め糸を使用した伝統的な織物「松阪もめん」などが有名な、由緒ある歴史と豊かな文化が根付く城下町です。
 近年、社会や経済状況の変化に伴い生涯未婚率や晩婚化・晩産化が進行し、結婚、出産、子育てをめぐる状況が大きく変化するなか、松阪市では「子育て一番宣言!」を掲げ、子育てにやさしい地域づくりを進めております。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、110以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆子育て世代のニーズに寄り添った、やさしいまちづくりを進める三重県松阪市で『母子モ』の提供を開始!
 松阪市では、平成27年度から妊娠・出産・子育て期の途切れない支援を実施する「松阪版ネウボラ」を推進し、平成29年4月には妊娠や子育てに関する総合的相談支援を行う子育て世代包括支援センター「松阪市健康センターはるる」を開館し、子育てに関する教室を開催するなど、多くの人に親しまれています。また、育児の疲れや用事などの際に子どもを預けることのできる一時預かり事業や、乳幼児や小学校に就学している児童が病気の回復期に至らない場合、または病気の回復期にあたって集団保育を受けることが困難な場合に預けることのできる病児・病後児保育事業の実施、平成31年4月からは公立幼稚園全園で3歳児保育と完全給食をスタートするなど、子育て世代の多様なニーズに寄り添ったきめ細かい支援を行っています。
 市内13カ所の子育て支援センターでは、子育てに関する悩みや不安などについて電話・面接相談や、子育て講演会・講座の実施、手作りおもちゃなど豊富な玩具が揃っているなかで、親子や友達同士で遊ぶことができ、子育てが楽しいと思える支援を実施するなど、安心して子どもを育てることのできる環境づくりを進めています。
 今回、子育て世代の妊娠・出産・育児のサポートを目的に、日常的に使用する身近なスマートフォンを利用して、予防接種のスケジュール管理や子育てに関する市の情報配信、健康センターはるるでのイベント紹介など、ICTを活用した新たな子育て支援を実施できる、当社の母子手帳アプリが採用されました。

◆地域密着型の母子手帳アプリで子育て世代をしっかりサポート!
 松阪市に採用された『まつプリ まつさか子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<『まつプリ まつさか子育てアプリ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:まつプリ まつさか子育てアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.asia

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

みやさんたっち

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が長野県宮田村で提供を開始~子育て支援日本一を目指し、子どもの輝きと成長をICTでサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、長野県上伊那郡宮田村にて本導入され、『みやさんたっち』として8月27日(月)より提供を開始します。  長野県の南部に位置する宮田村は、南アルプスと中央アルプスの2つのアルプスに抱かれた自然豊かな村で、降雪は少なく、晴天率の高い暮らしやすい気候に加え、四季折々の美しい景観が楽しめます。  同村では、子育て支援日本一を目指し、高校3年生までの子どもの医療費の無料化や、子育て応援クーポン券の交付など、次代を担う子どもたちの健やかな成長を応援する制度を積極的に取り入れています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、110以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆「輝く子育て応援事業」に取り組む長野県宮田村で『母子モ』の提供を開始!  宮田村では、次代を担う子どもたちの健やかで生き生きとした成長を応援するとともに、育児や出産などに伴う経済的負担の軽減を図り、安心して子どもを産み育てることができる環境づくりを目的に、「輝く子育て応援事業」を行っています。  高校3年生(満18歳到達後の最初の3月31日)までの医療費の無料化や、子育て中の家庭を応援するための5つの助成券(妊娠期歯科健診助成券、母乳相談等助成券、乳児おむつ助成券、遊ゆうひろば利用助成券、ファミリーサポートセンター利用助成券)がセットになった「子育て応援クーポン券」の交付など、社会全体で子育てを支援していくための制度が充実しています。  今回、村の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  宮田村に採用された『みやさんたっち』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、村が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <『みやさんたっち』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、長野県上伊那郡宮田村にて本導入され、『みやさんたっち』として8月27日(月)より提供を開始します。
 長野県の南部に位置する宮田村は、南アルプスと中央アルプスの2つのアルプスに抱かれた自然豊かな村で、降雪は少なく、晴天率の高い暮らしやすい気候に加え、四季折々の美しい景観が楽しめます。
 同村では、子育て支援日本一を目指し、高校3年生までの子どもの医療費の無料化や、子育て応援クーポン券の交付など、次代を担う子どもたちの健やかな成長を応援する制度を積極的に取り入れています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、110以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆「輝く子育て応援事業」に取り組む長野県宮田村で『母子モ』の提供を開始!
 宮田村では、次代を担う子どもたちの健やかで生き生きとした成長を応援するとともに、育児や出産などに伴う経済的負担の軽減を図り、安心して子どもを産み育てることができる環境づくりを目的に、「輝く子育て応援事業」を行っています。
 高校3年生(満18歳到達後の最初の3月31日)までの医療費の無料化や、子育て中の家庭を応援するための5つの助成券(妊娠期歯科健診助成券、母乳相談等助成券、乳児おむつ助成券、遊ゆうひろば利用助成券、ファミリーサポートセンター利用助成券)がセットになった「子育て応援クーポン券」の交付など、社会全体で子育てを支援していくための制度が充実しています。
 今回、村の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 宮田村に採用された『みやさんたっち』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、村が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<『みやさんたっち』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●村からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:みやさんたっち
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.asia

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

onagawasukusukunabi

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県女川町にて提供開始~「子育てするなら女川町」を掲げるまちで、ICTによる子育て支援がスタート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、宮城県女川町にて本導入され、『おながわ すくすくナビ』として8月20日(月)より提供を開始します。  宮城県の東、牡鹿半島基部に位置する女川町は、北上山地と太平洋が交わる風光明媚なリアス式海岸を有し、天然の良港を形成しています。カキやホタテ・ホヤ・銀鮭などの養殖業が盛んで、東日本大震災による被害を受けた後、これまで以上の水産都市の実現に向け総力戦で1日でも早い復興を目指してきました。  同町では、子どもの健やかな育ちと子育て家庭を支えることが、一人ひとりの子どもや保護者の幸せにつながり、将来の町の担い手の育成という重要な未来への投資になると考え、地域全体で子育てを支援しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆女川の未来を創るこどもは町の宝。地域全体の子育て力を高める宮城県女川町で『母子モ』の提供を開始!  女川町では、「子どもたちが健やかに生まれ、心身ともにたくましく成長するとともに、保護者が子育てのよろこびを実感することができるまち」を目指し、様々な子育て支援計画に取り組んでいます。  本年10月には、一時預かり・子育て相談などの機能を担う子育て支援センターと予防接種・母子保健などを担当する保健センターが新たに整備され、役場庁舎へ併設されることから、妊産婦から子育て中の親や子どもに対して、一貫した関わりを持てる利点を生かしながら連携機能とサービスの充実を図ります。  また、働く保護者への支援として、保育所や放課後児童クラブの土曜日などの開設を継続するなど、多様なニーズに合わせた子育て支援事業を推進しています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育て支援アプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  女川町に採用された『おながわ...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、宮城県女川町にて本導入され、『おながわ すくすくナビ』として8月20日(月)より提供を開始します。
 宮城県の東、牡鹿半島基部に位置する女川町は、北上山地と太平洋が交わる風光明媚なリアス式海岸を有し、天然の良港を形成しています。カキやホタテ・ホヤ・銀鮭などの養殖業が盛んで、東日本大震災による被害を受けた後、これまで以上の水産都市の実現に向け総力戦で1日でも早い復興を目指してきました。
 同町では、子どもの健やかな育ちと子育て家庭を支えることが、一人ひとりの子どもや保護者の幸せにつながり、将来の町の担い手の育成という重要な未来への投資になると考え、地域全体で子育てを支援しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆女川の未来を創るこどもは町の宝。地域全体の子育て力を高める宮城県女川町で『母子モ』の提供を開始!
 女川町では、「子どもたちが健やかに生まれ、心身ともにたくましく成長するとともに、保護者が子育てのよろこびを実感することができるまち」を目指し、様々な子育て支援計画に取り組んでいます。
 本年10月には、一時預かり・子育て相談などの機能を担う子育て支援センターと予防接種・母子保健などを担当する保健センターが新たに整備され、役場庁舎へ併設されることから、妊産婦から子育て中の親や子どもに対して、一貫した関わりを持てる利点を生かしながら連携機能とサービスの充実を図ります。
 また、働く保護者への支援として、保育所や放課後児童クラブの土曜日などの開設を継続するなど、多様なニーズに合わせた子育て支援事業を推進しています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育て支援アプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 女川町に採用された『おながわ すくすくナビ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<宮城県女川町 須田 善明町長からのコメント>
町長顔写真 女川町では、「子どもたちが健やかに生まれ、心身ともにたくましく成長するとともに、子育てのよろこびを実感することができるまち」を目指して、さまざまな子育て支援施策や母子保健施策を推進してまいりました。これまでにも18歳までの医療費助成、病児病後児保育の実施、特定不妊治療助成など、高いレベルでの充実した施策に積極的に取り組んできました。
 今般、子どもが健やかに育つ環境づくりのため、妊娠から出産、育児までのより充実したサービスの情報やサポートをお届けするために「おながわすくすくナビ」の提供を開始しました。
 「おながわすくすくナビ」を多くの子育て世代の方々に利用していただき、みなさまの育児に対する意欲の向上や不安解消、地域での情報連携につながることを期待しています。

<『おながわ すくすくナビ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、保育所、子育て支援センター・児童クラブなど)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:おながわ すくすくナビ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.asia

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

笑顔ゆりはま子育てアプリ

エムティーアイの母子健康手帳アプリ『母子モ』が鳥取県湯梨浜町にて提供開始~「育てる力」と「育つ力」を応援し、地域社会が一体となって子育てできるまちへ~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子健康手帳アプリ『母子モ』が、鳥取県東伯郡湯梨浜町にて本導入され、『笑顔ゆりはま子育てアプリ』として8月1日(水)より提供を開始します。  鳥取県のほぼ中央に位置する湯梨浜町は、「東郷湖から湧き出る温泉、大地がはぐくむ二十世紀梨、そして日本海に広がる白い砂浜」といったまちの特色から名づけられており、温泉や豊かな自然、美しい風景が広がるまちです。  同町では、「未来の夢」であり「次代の希望」である子どもを、家庭や地域、事業所など社会全体で支援することへの理解を深め、それぞれの状況に応じた役割を果たすことで、健やかな成長を支援する取り組みを実施しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆多様なニーズに寄り添った手厚い支援で子どもと家庭を応援する、鳥取県湯梨浜町で『母子モ』の提供を開始!  湯梨浜町では、「家族ではぐくみ...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子健康手帳アプリ『母子モ』が、鳥取県東伯郡湯梨浜町にて本導入され、『笑顔ゆりはま子育てアプリ』として8月1日(水)より提供を開始します。
 鳥取県のほぼ中央に位置する湯梨浜町は、「東郷湖から湧き出る温泉、大地がはぐくむ二十世紀梨、そして日本海に広がる白い砂浜」といったまちの特色から名づけられており、温泉や豊かな自然、美しい風景が広がるまちです。
 同町では、「未来の夢」であり「次代の希望」である子どもを、家庭や地域、事業所など社会全体で支援することへの理解を深め、それぞれの状況に応じた役割を果たすことで、健やかな成長を支援する取り組みを実施しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆多様なニーズに寄り添った手厚い支援で子どもと家庭を応援する、鳥取県湯梨浜町で『母子モ』の提供を開始!
 湯梨浜町では、「家族ではぐくみ 地域ではぐくむ あったか子育て 湯梨浜町」を基本理念に、地域に根付いた人間関係のなかで、家庭の「育てる力」と子ども自らの「育つ力」を応援することによって、安心して子育てができるまち、そして、子どもがこの町に生まれ育ったことへの誇りと将来への希望を持ち、次代を担う力を身につけることのできるまちの実現を目指しています。
 地域において育児の援助を受けたい人と、援助を行いたい人が会員となって助け合う「ファミリー・サポート・センター」の設置や、子育て支援センターが妊婦を対象に、育児・出産に関する様々な情報を発信し応援する「私の子育て支援センター登録制度」の実施、子どもの発達や子育てに関する悩みや不安などを、夜間や休日にも相談できる「ゆりはますこやかライン」の開設、乳幼児を連続して1カ月以上にわたり、こども園などに預けず家庭で保育する父母や祖父母に対し「湯梨浜町家庭子育て支援事業給付金」の支給など、多様なニーズに対応した充実の支援制度が整っています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育て支援アプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 湯梨浜町に採用された『笑顔ゆりはま子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<鳥取県湯梨浜町 宮脇 正道町長からのコメント>
町長顔写真 湯梨浜町では、子育て支援のため、安い保育料、在宅育児支援、出産祝い金助成、1か月児健診助成、ネウボラの開設、人工授精・不育症治療助成などの施策を県下で先駆けて実施し、合計特殊出生率は、おおむね県内トップを維持してきました。
 この度、妊娠、出産、子育て期の皆さんが、子育てをもっと楽しめ、笑顔になっていただけるよう、「笑顔ゆりはま子育てアプリ」による子育て情報配信サービスを行うことにしました。
 多くの町民の皆様にご活用いただき、こどもたちが健やかに成長されることを期待しています。

<『笑顔ゆりはま子育てアプリ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:笑顔ゆりはま子育てアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.asia

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

めいぷる子育てアプリ

エムティーアイの母子手帳アプリが青森県で初導入となる六戸町にて提供開始~子どもの幸せと、安心してゆとりのある子育て環境の実現をICTでサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、青森県では初となる上北郡六戸町にて本導入され、『めいぷる子育てアプリ』として8月1日(水)より提供を開始します。  青森県上北郡の東南部に位置する六戸町は、十和田湖を源流とする奥入瀬川が東西を流れ、流域には水田が広がる自然に恵まれたまちで、旧渋沢邸などの文化財や特産品である地鶏の「青森シャモロック」なども有名です。  同町では、「豊かなこころが育つまちづくり」を基本理念に、子どもの幸せを第一に考え、子育てをしているすべての人が安心してゆとりある育児ができる生活環境の整備を、地域社会が一体となって進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆子どもの幸せを第一に考え、子育てしやすい生活環境の整備を進める青森県六戸町で『母子モ』の提供を開始!  六戸町では、生後4カ月までの乳児のいる全ての家庭を訪問し、子育て支援に関する情報提供や養育環境などの把握を行う「乳児家庭全戸訪問事業」の実施や、子育て家庭の親と子ども同士が気軽につどい交流を図ったり、子育てに関する相談や援助などを行う、地域子育て支援拠点事業ひろば型「えがお」を設置するなど、子育ての不安や負担を和らげ孤立を防ぐ取り組みを進めています。  また、休日に仕事をもっている保護者に対して、日曜日および祝日に保育園を開所する「休日保育事業」や、産前産後休業や育児休業終了後の就労に対応するため0歳児からの保育を行う「乳児保育事業」など、多様化する子育て家庭の保育ニーズに合わせたサポートを実施し、安心して子どもを育てることのできる環境づくりに力を入れています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育て支援アプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  六戸町に採用された『めいぷる子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <青森県六戸町...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、青森県では初となる上北郡六戸町にて本導入され、『めいぷる子育てアプリ』として8月1日(水)より提供を開始します。
 青森県上北郡の東南部に位置する六戸町は、十和田湖を源流とする奥入瀬川が東西を流れ、流域には水田が広がる自然に恵まれたまちで、旧渋沢邸などの文化財や特産品である地鶏の「青森シャモロック」なども有名です。
 同町では、「豊かなこころが育つまちづくり」を基本理念に、子どもの幸せを第一に考え、子育てをしているすべての人が安心してゆとりある育児ができる生活環境の整備を、地域社会が一体となって進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆子どもの幸せを第一に考え、子育てしやすい生活環境の整備を進める青森県六戸町で『母子モ』の提供を開始!
 六戸町では、生後4カ月までの乳児のいる全ての家庭を訪問し、子育て支援に関する情報提供や養育環境などの把握を行う「乳児家庭全戸訪問事業」の実施や、子育て家庭の親と子ども同士が気軽につどい交流を図ったり、子育てに関する相談や援助などを行う、地域子育て支援拠点事業ひろば型「えがお」を設置するなど、子育ての不安や負担を和らげ孤立を防ぐ取り組みを進めています。
 また、休日に仕事をもっている保護者に対して、日曜日および祝日に保育園を開所する「休日保育事業」や、産前産後休業や育児休業終了後の就労に対応するため0歳児からの保育を行う「乳児保育事業」など、多様化する子育て家庭の保育ニーズに合わせたサポートを実施し、安心して子どもを育てることのできる環境づくりに力を入れています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育て支援アプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 六戸町に採用された『めいぷる子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<青森県六戸町 吉田 豊町長からのコメント>
町長顔写真 六戸町では、若い世代が出産や子育てに夢を持ち、安心して子どもを産み育てることができるように、これまで中学生までの医療費の無償化、第3子の保育料の無償化など、子育てを重視したさまざまな施策に取り組んで参りました。
 今回、妊娠期から子育て期にわたるまでの切れ目のない支援を推進するため、スマートフォン等で利用できる『電子母子手帳アプリ』を導入いたしました。お子さまの成長発達や予防接種の記録のみならず、町からの情報発信をタイムリーに行うことにより、行政がより身近で気軽に相談しやすい場所となることを願っております。
 お子さまを育てることは大変なことの連続で、悩みや不安がつきないことと思いますが、このツールを最大限活用することで家庭と行政が一体となり、地域の宝である子どもたちを楽しみながら育てていくことができる町を目指して参ります。
 

<『めいぷる子育てアプリ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:めいぷる子育てアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.asia

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

miyoshi_top

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が広島県三次市で提供を開始~すべての子どもとその保護者をサポートし、「子育てに夢がもてるまち」へ!~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、広島県三次市にて本導入され『ネウボラみよし電子母子手帳』として8月1日(水)より提供を開始します。  中国地方のほぼ中央に位置する三次市は、広島県と島根県を結ぶ交通の要所として栄え、鉄道や高速道路など交通の利便性が高いまちです。また、豊かな自然環境のもと米、野菜類、果樹、畜産など、多品目の農産物が生産されるのどかな田園風景も魅力です。  同市では、「子育てに夢がもてるまち みよし~女性が働きながら子育てできる環境 日本一をめざして~」を基本理念に、子どもの健やかな育ちと保護者の子育てを社会全体で支援する環境づくりを推進しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆子の健やかな成長から保護者のワーク・ライフ・バランスまでを支える広島県三次市で『母子モ』の提供を開始!  三次市では、子どもは次代を担う大切な存在であると考え、子育ての出発点である家庭は子どもの資質や能力を育て、成長の喜びや生きがいを分かち合える大切な場として、まち全体でサポートしています。また、活力あるまちづくりには女性の力が必要不可欠と考え、仕事と子育ての両立のほか、女性の多様な選択やチャレンジも支援しています。  子育て中の保護者を会員として、子どもの預かりなどの援助を受けたい人と援助を行いたい人との相互援助活動を行う「ファミリー・サポート・センター事業」や、子どもの急な病気や、病気からの回復期に集団保育が困難な場合、一時的に保育する「病児・病後児保育事業」では、過去の利用状況を分析しながら需要に応じた提供体制を確保しています。  また、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現のため、働き方の見直しや、子ども・子育て支援に取り組む民間団体などと密接に連携、協力し合いながら、すべての企業において、育児休業および短時間勤務など柔軟な働き方に関わる制度を利用しやすい環境整備を進めるなど、社会全体で子育て家庭を支える動きが広がっています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  三次市に採用された『ネウボラみよし電子母子手帳』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <『ネウボラみよし電子母子手帳』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、広島県三次市にて本導入され『ネウボラみよし電子母子手帳』として8月1日(水)より提供を開始します。
 中国地方のほぼ中央に位置する三次市は、広島県と島根県を結ぶ交通の要所として栄え、鉄道や高速道路など交通の利便性が高いまちです。また、豊かな自然環境のもと米、野菜類、果樹、畜産など、多品目の農産物が生産されるのどかな田園風景も魅力です。
 同市では、「子育てに夢がもてるまち みよし~女性が働きながら子育てできる環境 日本一をめざして~」を基本理念に、子どもの健やかな育ちと保護者の子育てを社会全体で支援する環境づくりを推進しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆子の健やかな成長から保護者のワーク・ライフ・バランスまでを支える広島県三次市で『母子モ』の提供を開始!
 三次市では、子どもは次代を担う大切な存在であると考え、子育ての出発点である家庭は子どもの資質や能力を育て、成長の喜びや生きがいを分かち合える大切な場として、まち全体でサポートしています。また、活力あるまちづくりには女性の力が必要不可欠と考え、仕事と子育ての両立のほか、女性の多様な選択やチャレンジも支援しています。
 子育て中の保護者を会員として、子どもの預かりなどの援助を受けたい人と援助を行いたい人との相互援助活動を行う「ファミリー・サポート・センター事業」や、子どもの急な病気や、病気からの回復期に集団保育が困難な場合、一時的に保育する「病児・病後児保育事業」では、過去の利用状況を分析しながら需要に応じた提供体制を確保しています。
 また、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現のため、働き方の見直しや、子ども・子育て支援に取り組む民間団体などと密接に連携、協力し合いながら、すべての企業において、育児休業および短時間勤務など柔軟な働き方に関わる制度を利用しやすい環境整備を進めるなど、社会全体で子育て家庭を支える動きが広がっています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 三次市に採用された『ネウボラみよし電子母子手帳』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<『ネウボラみよし電子母子手帳』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:ネウボラみよし電子母子手帳
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.asia

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

あのね育ナビ

エムティーアイの母子手帳アプリが広島県で初導入となる福山市で提供を開始!~「福山ネウボラ」が支える希望の子育てで、子どもと子育てにやさしいまちへ~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、広島県では初となる福山市にて本導入され、『あのね育ナビ』として7月27日(金)より提供を開始します。  福山市は、伏見櫓と筋鉄御門が国の重要文化財に指定されている「福山城」や、古くから潮待ちの港として栄えた「鞆の浦」(2018年5月日本遺産認定)など、歴史と文化が香る城下町です。  同市では、「みんなで創る...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、広島県では初となる福山市にて本導入され、『あのね育ナビ』として7月27日(金)より提供を開始します。
 福山市は、伏見櫓と筋鉄御門が国の重要文化財に指定されている「福山城」や、古くから潮待ちの港として栄えた「鞆の浦」(2018年5月日本遺産認定)など、歴史と文化が香る城下町です。
 同市では、「みんなで創る すべての子ども・子育てにやさしいまち ふくやま」を基本理念に、全ての地域住民が、子育て家庭にやさしく寄り添いながら子育てを支えるまちづくりを推進しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆福山ネウボラ相談窓口を開設し、安心の子育て環境づくりを進める広島県福山市で『母子モ』の提供を開始!
 福山市では、妊娠から出産・子育てまで切れ目のない支援を行うため、総合相談窓口として、2017年6月に福山ネウボラ相談窓口「あのね」(子育て世代包括支援センター)を市内12か所に開設しました。働いている保護者や子ども連れでも気軽に利用できるよう、行政窓口(支所・保健所)だけでなく、保育所・こども園、エフピコRiM(商業施設)など、子育て世代のニーズに合わせた多様な場所に設置しています。
 また、「あのね」開設1周年に当たる本年6月14日からは、「あのね」で面談をした妊娠32週以降の妊婦などを対象に、絵本や子育てグッズをプレゼントする「あのねHappy Baby Box」の取り組みを開始し、不安が高まりやすいといわれている出産前後から、「あのね」に継続して相談に来ることで、出産や子育ての負担や不安を軽減することを目指しています。
 このような取り組みを通して、誰もが安心して子どもを生み育てられる環境づくりを推進しています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 福山市に採用された『あのね育ナビ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<『あのね育ナビ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:あのね育ナビ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.asia

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

元気やまもと子育てアプリ

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県山元町で提供を開始!~ライフステージに応じた切れ目のない支援で、子どもの健やかな成長をサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、宮城県亘理郡山元町にて本導入され、『元気やまもと子育てアプリ』として7月24日(火)より提供を開始します。  宮城県の東南部に位置する山元町は、穏やかな気候風土を生かした東北一のいちごの産地です。また、県内有数の生産量を誇るりんごや、貝の王様とも呼ばれるホッキ貝を使った「ほっきめし」など、名産品が魅力のまちです。  同町では、「子育てするなら山元町!」をスローガンに、ライフステージに応じた切れ目のない支援や遊び場を確保し親子の交流の場を増やすなど、孤立感や不安感を和らげ子育てにやさしいまちづくりを目指しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆あったかな支援策で、子育てにやさしいまちづくりを推進する宮城県山元町で『母子モ』の提供を開始!  山元町では、乳児の健やかな育ちを支援するため、出産直後に必要なベビー用品の無料貸し出しを行う「はじめてのベビーバス・ベビーベットレンタル事業」の実施や、新生児のための紙おむつや粉ミルクなどの育児用品購入に使用できる「出産お祝い育児支援チケット」の交付など、保護者の経済的な負担軽減を図っています。  また、「母子保健事業」に6~7カ月および1歳1~2カ月健診を追加し、育児の情報提供や親子の交流の場を増やしたり、祖父母に対して孫育てに役立つ情報を掲載した冊子を配布する「祖父母手帳配布事業」を実施するなど支援を拡充することで、子育ての孤立感や不安感を和らげ、安心して育てることのできる環境づくりに力を入れています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、宮城県亘理郡山元町にて本導入され、『元気やまもと子育てアプリ』として7月24日(火)より提供を開始します。
 宮城県の東南部に位置する山元町は、穏やかな気候風土を生かした東北一のいちごの産地です。また、県内有数の生産量を誇るりんごや、貝の王様とも呼ばれるホッキ貝を使った「ほっきめし」など、名産品が魅力のまちです。
 同町では、「子育てするなら山元町!」をスローガンに、ライフステージに応じた切れ目のない支援や遊び場を確保し親子の交流の場を増やすなど、孤立感や不安感を和らげ子育てにやさしいまちづくりを目指しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆あったかな支援策で、子育てにやさしいまちづくりを推進する宮城県山元町で『母子モ』の提供を開始!
 山元町では、乳児の健やかな育ちを支援するため、出産直後に必要なベビー用品の無料貸し出しを行う「はじめてのベビーバス・ベビーベットレンタル事業」の実施や、新生児のための紙おむつや粉ミルクなどの育児用品購入に使用できる「出産お祝い育児支援チケット」の交付など、保護者の経済的な負担軽減を図っています。
 また、「母子保健事業」に6~7カ月および1歳1~2カ月健診を追加し、育児の情報提供や親子の交流の場を増やしたり、祖父母に対して孫育てに役立つ情報を掲載した冊子を配布する「祖父母手帳配布事業」を実施するなど支援を拡充することで、子育ての孤立感や不安感を和らげ、安心して育てることのできる環境づくりに力を入れています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 山元町に採用された『元気やまもと子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<宮城県山元町 齋藤 俊夫町長からのコメント>
町長顔写真 「子育てするなら山元町」の実現に向け、未来を支える子どもと子育て世代を応援するため、「山元版ネウボラ」事業として保健センター内に新たに「子育て包括支援センター」を設置いたします。
 そして、今回新たに子育て世代への情報発信を強化するため、母子手帳アプリ『元気やまもと子育てアプリ』の提供を開始いたしました。
 妊娠、出産、育児までの情報発信をサポートでき、ご家族で共有できるアプリになっておりますので、ぜひ、パパ、ママだけでなくおじいちゃん、おばあちゃんにもご活用いただきたいと思います。
 

<『元気やまもと子育てアプリ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:元気やまもと子育てアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.asia

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

西桂町子育ち応援“きずな”アプリ

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が山梨県西桂町で提供を開始!~町民や地域が協働し、子育て家庭にやさしく住みよいまちを目指して~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、山梨県南都留郡西桂町にて本導入され、『西桂町子育ち応援“きずな”アプリ』として7月23日(月)より提供を開始します。  西桂町は山梨県南東部に位置し、山頂から望む富士山の絶景が県の「新富嶽百景」に選定された三ツ峠、特産品として富士山の湧き水である天然水や1,000年の歴史を誇る「郡内織(甲斐絹)」が有名な、水と山と織物の里です。  同町では、「ふれあいとたすけあいで育む安心の子育て環境のまち...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、山梨県南都留郡西桂町にて本導入され、『西桂町子育ち応援“きずな”アプリ』として7月23日(月)より提供を開始します。
 西桂町は山梨県南東部に位置し、山頂から望む富士山の絶景が県の「新富嶽百景」に選定された三ツ峠、特産品として富士山の湧き水である天然水や1,000年の歴史を誇る「郡内織(甲斐絹)」が有名な、水と山と織物の里です。
 同町では、「ふれあいとたすけあいで育む安心の子育て環境のまち にしかつら」を基本理念に、町民や地域の関係団体などとの連携・協働のもと、子育て家庭にやさしく住みよいまちづくりを推進します。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆地域ぐるみで子育てを応援し、安心の育児環境づくりを進める山梨県西桂町で『母子モ』の提供を開始!
 西桂町では、母親同士の交流を図るきっかけづくりや、1歳児の食事量・内容などを学ぶ機会となる「すくすく1歳お食事相談」など各種、乳幼児教室や健診の実施、就労形態など保護者のニーズに合わせた「早朝、延長保育・乳児保育・障害児保育」を行っています。また、少子化、核家族化、地域住民同士のつながりの希薄化などにより、家庭の孤立が問題視されるなか、保健師による妊産婦や赤ちゃんの訪問など子育て支援に力を入れています。
 さらに、本年4月より医療費の助成を18歳に達する年度末までに拡充し、子どもの健康と福祉の増進を図ることを目的とした「西桂町すこやか子育て応援医療費助成」を開始するなど、安心して子どもを産み育てられる環境整備を進めています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 西桂町に採用された『西桂町子育ち応援“きずな”アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<山梨県西桂町 小林 千尋町長からのコメント>
町長顔写真 西桂町では『子どもの育ちを支援する町』として、子育てを大切にするという意識が社会全体で深く共有され、行動に表れる事で若い世代が結婚・妊娠・出産・子育てに対し、より前向きに考えられるようになるのではないかと思います。『西桂町子育ち応援‟きずな“アプリ』の提供開始により、子育て支援策をホームページや広報と共に地域の方々、幅広い世代の方にもご利用頂き、子ども達の育ちを応援したいと思っております。
 

<『西桂町子育ち応援“きずな”アプリ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●乳幼児健診やイベント、各種保健事業など育児時期にあった各種案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:西桂町子育ち応援“きずな”アプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.asia

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

nannjyo_top

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が沖縄県南城市で提供開始~子育て世帯のニーズに寄り添ったサポートを、ICTの力でまち全体へ~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、沖縄県南城市にて導入され、『なんじょう子育て応援アプリ』として7月23日(月)より提供を開始します。  沖縄本島の南部に位置する南城市は、琉球民族発祥の地として崇敬されている久高島(神の島)をはじめ、深い歴史を刻んだ多くのグスクや文化遺産を有する、沖縄の歴史、文化、信仰の原点の地です。また、海岸景観やさんご礁の海など、美しい自然も魅力です。  同市では、時代とともに変化する子どもの状況や子育て家庭のニーズを把握し、それぞれのケースに対応できるよう、「延長保育事業」や「病児・病後児保育事業」など、柔軟な子育てサポート制度を整えています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆手厚いサポートで「安心して子どもを産み育てられるまち」へ。沖縄県南城市で『母子モ』の提供を開始!  南城市では、「子どもの幸福と最大の利益の尊重」と「子どもを産み育てやすい環境の実現」を基本理念とし、子育て世帯のニーズに応えるための様々な子育て支援制度を実施しています。  認可保育所、認定こども園で実施する「延長保育事業」や、子どもが病気のため保育所などへ通えない際、どうしても家庭保育が困難な場合に一時的に子どもを預かり保育する「病児・病後児保育事業」など、家庭の状況に寄り添ったサポート制度が充実しています。  また、同市には現在25名の母子保健推進員が活動しており、生後4カ月までの子どもがいる家庭を訪問する「こんにちは赤ちゃん事業」や、乳幼児健診、勉強会、小物作りなどを通じて、子どもの健やかな成長と、子育て中の保護者を手厚く支援しています。「妊産婦・新生児訪問事業」では、助産師や保健師による育児不安の解消や産後うつへの対応に取り組むなど、安心して子どもを産み育てられるまちづくりが進められています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  南城市に採用された『なんじょう子育て応援アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <『なんじょう子育て応援アプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、沖縄県南城市にて導入され、『なんじょう子育て応援アプリ』として7月23日(月)より提供を開始します。
 沖縄本島の南部に位置する南城市は、琉球民族発祥の地として崇敬されている久高島(神の島)をはじめ、深い歴史を刻んだ多くのグスクや文化遺産を有する、沖縄の歴史、文化、信仰の原点の地です。また、海岸景観やさんご礁の海など、美しい自然も魅力です。
 同市では、時代とともに変化する子どもの状況や子育て家庭のニーズを把握し、それぞれのケースに対応できるよう、「延長保育事業」や「病児・病後児保育事業」など、柔軟な子育てサポート制度を整えています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆手厚いサポートで「安心して子どもを産み育てられるまち」へ。沖縄県南城市で『母子モ』の提供を開始!
 南城市では、「子どもの幸福と最大の利益の尊重」と「子どもを産み育てやすい環境の実現」を基本理念とし、子育て世帯のニーズに応えるための様々な子育て支援制度を実施しています。
 認可保育所、認定こども園で実施する「延長保育事業」や、子どもが病気のため保育所などへ通えない際、どうしても家庭保育が困難な場合に一時的に子どもを預かり保育する「病児・病後児保育事業」など、家庭の状況に寄り添ったサポート制度が充実しています。
 また、同市には現在25名の母子保健推進員が活動しており、生後4カ月までの子どもがいる家庭を訪問する「こんにちは赤ちゃん事業」や、乳幼児健診、勉強会、小物作りなどを通じて、子どもの健やかな成長と、子育て中の保護者を手厚く支援しています。「妊産婦・新生児訪問事業」では、助産師や保健師による育児不安の解消や産後うつへの対応に取り組むなど、安心して子どもを産み育てられるまちづくりが進められています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 南城市に採用された『なんじょう子育て応援アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<『なんじょう子育て応援アプリ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:なんじょう子育てアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.asia

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

1 2 3 7